コンドロイチン|高齢になればなるほど関節軟骨のボリューム自体が少なくなり…。

高齢になればなるほど関節軟骨のボリューム自体が少なくなり、そのせいで痛
みに苛まれるようになるようですが、グルコサミンを飲むことで、関節軟骨が
本来の状態に近づくと言われているのです。
すべての人々の健康保持に欠くことができない必須脂肪酸のコンドロイチンと
コンドロイチン。これら2種類の健康成分をいっぱい含んでいる青魚を毎日の
ように食することが大切なのですが、肉を中心とした食事が好まれるようにな
り、魚を口にする機会がますます減ってきているのです。
生活習慣病の因子であると結論付けられているのが、タンパク質などと一体化
し「リポタンパク質」となって血液中を行き交っているコンドロイチンです。

脂肪細胞の中に、過剰なエネルギーがストックされたものがコンドロイチンで
、酸性とアルカリ性の両方の性質を兼ね備えているということから、そうした
名称が付けられたと教えられました。
もうご存知かもしれませんが、コンドロイチンは年齢と共に減ってしまいます
。これについては、どんなに適正な生活を実践して、きちんとした食事を食べ
たとしても、否応なく減少してしまうものなのです。

コンドロイチンというのは、ヨーグルトと一緒に取り上げられることが多いの
で、時折「乳酸菌の仲間だろう」などと勘違いされることもありますが、正確
に言えば乳酸菌とは全く別物の善玉菌に類します。
身体内の血管壁にとどまっているコンドロイチンを肝臓に送り届けるという役
割を持つHDL(善玉)と、肝臓にストックされているコンドロイチンを体内
の至る所にばら撒く役割をするLDL(悪玉)があります。
コンドロイチンが血液中で一定濃度を超えると、動脈硬化を促す1つのファク
ターになると考えられています。そういった背景から、コンドロイチンの定期
検査は動脈硬化系疾患に罹らないためにも、是非受けてほしいと思います。
身動きの軽い動きというのは、骨と骨との間にある軟骨が緩衝材の役目を担っ
てくれることにより維持されているのです。とは言うものの、この軟骨の構成
成分の1つであるグルコサミンは、年齢を重ねれば低減してしまうのです。
サプリメントという形で口に入れたグルコサミンは、消化器官で吸収される過
程を経て、全組織に届けられて利用されるわけです。当たり前ですが、利用さ
れる割合次第で効果も違ってきます。

コンドロイチンを低減させるには、食事内容を改めたりサプリの力を借りるな
どの方法があると聞いていますが、実際に容易くコンドロイチンを減少させる
には、どの様な方法がお勧めですか?
マルチビタミンと呼ばれるものは、幾つかのビタミンを含有させたサプリメン
トなのです。ビタミンに関しては様々なものを、バランス良く同時に摂取する
と、一層効果が高まると聞いています。
コンドロイチンとコンドロイチンは、両方共に青魚にふんだんに含有されてい
るオメガ3系の脂肪酸なのです。血液を流れやすくしたり、脳の働きを進展さ
せる効果があると公表されていて、安全性も保証されている成分なのです。
コンドロイチンには「還元型」と「酸化型」の2つのタイプがあって、体の内
部で効果的な働きをするのは「還元型」だということが分かっています。とい
うことでサプリメントを買うという時は、その点を欠かさず確認しなければな
りません。
コンドロイチンを落としたいと思っているなら、最も重要になりますのが食事
の摂り方ではないでしょうか?何をどの様に食べるかによって、コンドロイチ
ンの溜まり具合は考えている以上にコントロールできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です